ニキビ肌やにきび跡向けの保湿クリーム

ニキビ肌・ニキビ跡のための保湿クリーム選び

もしかして白ニキビ?ブツブツ黒ニキビ、プチっと痛い赤ニキビ、茶色いニキビ跡・・・どのニキビも美肌の大敵です。「ニキビって毛穴に脂とかいろいろ詰まることでしょう?保湿クリームだってニキビのもとにならないの?」と思っているひとも多いのではないでしょうか。

でも実は、ニキビや肌トラブルを起こしているひとの患部は乾燥が強く、保湿が必要な状態である事が多いのだそう。皮膚科でもニキビや荒れには保湿の治療が行われているんですよ。

しっかり保湿するとなぜニキビにいいのか?どんな保湿クリームを選べばいいのか?ニキビと保湿クリームについて考えてみましょう。

ニキビってどうしてできるの?

まずニキビはどこからやってくるのでしょうか。ある日突然肌にぽつっと現れるのには理由があるんです。

  1. ホルモンバランスの崩れや乾燥により、肌のバリア機能が低下
  2. バリア機能低下により乾燥した毛穴が収縮して狭くなる
  3. 狭くなった毛穴に古い角質や皮脂・ホコリなどの角栓が詰まる
  4. 詰まった毛穴の内部に分泌された皮脂がたまり始める:白ニキビ状態
  5. 毛穴に詰まった皮脂がついに外にあふれ出る
  6. あふれ出た皮脂が空気にふれ酸化し黒く変色する:黒ニキビ状態
  7. 皮脂がたまった毛穴にアクネ菌・マラセチア菌などが繁殖し炎症を起こす:赤ニキビ
  8. 炎症が悪化し膿が出てしまう:黄色ニキビ
  9. 炎症がさらに悪化し血と膿が溜まり腫れあがる:紫ニキビ

ニキビ対策化粧品のCMなどでよく「アクネ菌を撃退!」というコピーが多く、ニキビはまず菌が起こすもの、という印象が強いですよね。でも実は有名なアクネ菌が登場するのはいよいよ皮脂が溜まって「菌増え放題の毛穴」が完成してからなんですね。

保湿クリームはまさにニキビ発生の初期の初期、保湿して毛穴の柔軟性を保ち、収縮させない・詰まらせないために大きな力を発揮するんです。

ニキビにはどんな保湿クリームがオススメ?

  • セラミド入りで保湿力のあるクリーム
  • 油分が入っていても大丈夫!
  • 低刺激・肌を刺激から守るクリーム

ニキビにはとにかく保湿が大事です。注目するべき成分は、肌にもともと存在して水分保持の役割をしているセラミドです。セラミド入りクリームを使うことで肌が水分保持する力を高めることができます。中でもヒト型セラミドが定着・保湿の力が高いので、配合されている保湿クリームを選びたいですね。

セラミドは水に溶けにくい性質を持っているため、化粧水よりも油分にセラミドを溶かすことができる保湿クリームのほうがたくさん配合することができます。他の基礎化粧品より保湿クリームがニキビ対策に向く大きな理由ですね。

でも皮脂がニキビの原因なのに、油分が入っていて大丈夫?と思われるかも知れません。答えは、油分が入っていても問題ないんです。赤ニキビに発展させる細菌は空気に触れる場所では増えない性質があるので、肌の表面に油分を塗っても大丈夫なんですね。

むしろ肌の表面を保護してくれるので、油分は正しく使えばニキビに有効と言えます。油分が毛穴の皮脂と馴染んで、角栓汚れが取れやすくなるというメリットもあるみたいですね。

あと大切なのが刺激が少ない事です。ニキビができやすい敏感になっている皮膚なので、ヒリヒリ・ピリピリ染みるようでは困ります。この時参考になる最もわかりやすい基準が「無添加であること」です。

無添加化粧品とは、アレルギーの危険性が認められた102種類の香料や防腐剤、合成界面活性剤などが入っていないものを言います。化粧品に対して体が過剰反応するアレルギー型の肌荒れがしにくい無添加化粧品は、ひとつ選ぶ基準になります。

しかしこの無添加の基準も「本当にその102品目で大丈夫?それ以外の刺激成分は無いの?成分の安全情報が古くない?」と言われたり、100%安心できる表示とは断言できません。その点製薬会社が作る化粧品は、最新の研究情報による安全性への配慮・刺激の無さ・保湿の威力を考え開発される傾向があります。

あと独自に肌のバリア膜を形成するヴァイタサイクルヴェールという技術をポーラ・オルビスグループが開発し注目を集めています。

このヴァイタサイクルヴェール配合のクリームだと、肌の表面にベントナイトという粘土鉱物の粉末が肌表面にバリアを形成、炎症を抑え外部刺激から肌を守ってくれるのだそう。ニキビ肌にはうれしい技術ですね。

なんとかニキビは治ったけど、茶色く残ったニキビの跡をなんとかしたい場合もまずは保湿です。乾燥したままでは肌のターンオーバーが遅れ、なかなかニキビ跡が改善されません。さらにしっかりニキビ跡ケアをしたい場合は美白成分の入っている保湿クリームがオススメです。

ニキビ跡にメラニン色素が沈着してしまっている場合、メラニン色素を作り出す細胞の働きを抑えるハイドロキノンや、メラニン色素を合成する酵素チロシナーゼを抑制するトラネキサム酸やアルブチン、エラグ酸、リノール酸入りのクリームが有効と言われています。ビタミンC誘導体もメラニン色素を還元するためオススメの成分です。

ニキビ跡がクレーターのようにデコボコになってしまったひとは、皮膚の組織がニキビの炎症で破壊されてしまっている状態です。保湿も大切ですが、美容外科でレーザーやピーリングなどで治療することができます。しっかりケアして美肌を取り戻したいですね。

ニキビは乾燥肌のSOSです。保湿クリームでしっかりケアをして、しなやかで詰まらない毛穴、しっかりとした肌バリアを保ってニキビを寄せ付けない肌を目指しましょう。


PAGE TOP

a b c
PAGE TOP