30代 保湿

30代以降の乾燥肌ケア

30代に入ると、保湿が難しくなってくる女性の肌。

これに従い、乾燥肌の症状も非常に顕著になっていくのです。

30代に入って特に気を付けなければならない乾燥肌のケアって、どのようなものがあるのでしょうか?

 

一般的に、この乾燥肌については、30代を境に肌の回復能力が一変していきます。

つまり、20代で肌がきめ細かに回復するまでに1か月かかったのが、30代に入りますと、およそ1.5か月かかるようになります。

これは、どんなに優秀な基礎化粧水を使い続けても、肌の浸透力が劣ることにより、肌の回復のスピードも落ちていくことは大きな原因です。

 

30代になると肌が回復しにくくなることで、まず実行して欲しいことがあります。

それは、帰宅後メイクをすぐに落とす習慣を身に着けることです。

メイクに覆われた肌は、長時間の刺激により、すぐにでも回復をしたいのです。

ところが、メイクを落とす時間が遅れれば遅れるほど、肌はさらに刺激を受け続けることになり、回復能力をさらに低下させることになります。

そのためには、積極的にメイクを早めに落としてあげましょう。

 

また、40代になれば真皮中のコラーゲンの著しい減少が現れます。

減少がスタートする30代のうちに、出来るだけ多くコラーゲンを保存できるように、保湿に努めましょう。

それには、セラミド入りの保湿クリームが一番有効的です。

セラミドを補って角質同士を強く繋ぎ、コラーゲンが肌の外への流出するのを防いでしまいましょう。

 


PAGE TOP

a b c
PAGE TOP